人数を増やしたい! でも、入るのタイヘン、続けるのタイヘン、出るのカンタン。

ビジネスとネイタル
だれと過ごしますか?

紹介マーケティングでは、関係する人数が多い方が紹介が出やすいと言われています。私が所属しているBNIも各グループがメンバーを増やすための施策を打って、お互いのビジネス拡大に努めています。
しかし同時に、紹介は「人」が絡んでいますので、お互いの信頼関係も大切です。BNIでは信頼関係の構築と維持ができるように様々なトレーニングや決まりを持っています。
今日は、信頼関係の維持について面白い話があるので紹介します。

もし、入口だけあって出口がない部屋で一生過ごすとしたら、あなたは誰を部屋に入れますか。

つまり、お付き合いする人が本当に信頼関係を結べる相手ですか? ということです。
BNIでは入会に当たって信用照会があります(それを担う人をゲートキーパーと言い、とても大切な人であると位置づけられています)し、そもそもメンバーの紹介で入会してくる方がほとんどです(そりゃーそうです。紹介マーケティングですから)。

メンバー数が少なくなってくると、どうしてもメンバーを増やそうとします。もちろんそれは大切ですが、

本当に信頼できる人ですか?

の問いかけが最初にあるのです。

もう一つ、メンバーは一年、ないし二年で更新審査があります。メンバー数が多い方が良いのなら100%更新が良さそうなのですが、BNIでは100%の更新は良いとはされません。
総務のお局さまが裏で支配する、みたいなのを良しとしないからです。(ちなみにうちのグループ(Puzzleチャプター)はそういうのがほとんどありません。いじめも全くありません。支配者がいない、全員フラットな良いグループだと思います)
ある一定数の入れ替えは必然だと言われています。

さらにもう一つ、極めつけなのがコレ。

グループのリーダー向けにトレーニングがあるのですが、毎回必ず言われるのが

「全員に好かれようとしない」

信頼関係が大切なのに、全員に好かれようとしてはいけないのです。

メンバー数を増やしたい。でも、信頼関係は大切。でも、全員に好かれようとしない。

入るのタイヘン、続けるのもタイヘン。でも、増やしたい。

この続きは今晩に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました