契約単価を上げる秘策

ビジネスとネイタル

今日お越しくださった取締役のSさんが「もっと契約単価を上げたい!」と言っておりました。長所開発コンサルティングとして顧問契約を結んで下さっているので、コンサルの視点でネイタルを活かした売上拡大のアイディアを伝えました。泣きながら喜んでいました。
Sさん(女性)は弁護士事務所の代表を務めながらベンチャー企業の取締役もしております。

コンサルで成功したいのなら、コンサルが必要ない人をコンサルするべき

と言われますが、Sさんは実行力がありますので、ネイタルを少し入れるだけですぐに成果が出ます(毎回必ず成果を持ってきます)。素晴らしい方です。

さて。契約単価を上げるためにはどうしたらよいのでしょうか。Sさんに聞くと

取引先から信頼されること

と回答が出てきました。確かに。では、信頼されるとはどういうことでしょうか。約束を守るとか、誠実に対応するとか。まぁ、確かにそうなのですが。
なんかあまり、面白い回答じゃないですよね。

ネイタルのゴールは「相手から好かれる」です。
たとえ法人相手でも、担当者から好かれなければ単価アップはできません。担当者から好かれれば、単価アップにも繋がりますし、何とかして稟議を通そうと協力したりしてくれます。(それは見えている世界ではコミュニケーションが円滑とかになるかもしれません)

そうそう。先日、別の代表のTさんも

「最近、うちに変えてくれたお客さんがいてね。何でも、今までの取引先の対応が嫌になったようで」

と言ってました。Tさんはそのお客さんの心をガッチリ掴んで重要顧客にしました。(この話は後半で)

つまり。どのような商材を扱っていたとしても、相手から嫌われたらうまく行かない、ということです。だったら、好かれていた方が可能性が広がりますね。

では、どんなことをしたら嫌われるのでしょうか。そして、どんなことをしたら好かれるのでしょうか。Sさんはこう答えました。

自分の話ばかりして、私の話を聞いてくれない人は嫌い。
自分のことを分かってくれる人は好き。

いーじゃないですか。これができるようになるのがネイタル心理学のマンツーマンスキルアップなのです。

でも、人の話をずっと聞いているのって、苦痛じゃありませんか?
大丈夫です。そういう人にこそ、メンタリング技術が役立ちます。
なぜなら、ネイタル心理学は、相手の話をいかにして聞かないか、という技術も修得するからです。

そうそう。Tさんがなぜ新しいお客さんの心をガッチリ掴んだのか。それはTさんと一緒にいて分かりました。兎に角Tさんは対応が早い(これはお父さま(D)譲りだと思います)。で、新しいお客さんのネイタルはSでした♪

私も快適。あなたも快適。だから、YESがでやすい。
この状態を、ネイタルは応援します♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました