推薦状もらいました!

ビジネスとネイタル

私はリファーラルマーケティング(紹介営業)の団体(BNI)に所属しています。そこでは毎週ビジネスミーティングが行われます。
今回、同じメンバーの宮崎友美さんから嬉しい推薦状を頂きました。

宮崎さん(F)は外資系生命保険会社のライフプランナー。若いのに頑張り屋さんでそれでいて可愛らしい。
家族のようにあたたかく、丁寧に、一人一人心を込めて接します。
素敵。

ライフプランナーの仕事は、自分でお客様を見つけるしかありません。完全に攻めの商売。
にも関わらず、家族と同じような安心感を与えるのですから、宮崎さんと仲良くなりたいなという人がたくさんいて、商売が成り立つのでしょうね。
素晴らしいです。

営業はコピービジネスとも言われます。もちろん、原理原則は大切ですが、その中でも宮崎さんのように個性を活かして活躍できると、自分もお客様も快適ですね。
ありがとうございます。

私、宮崎友美は心理カウンセラー育成の尾瀬泉さんを推薦いたします。
「生命保険の営業」という仕事を5年以上続けるなかで、お客様との関係に於いて自分らしさを出している人、自分らしさを崩さず目標に向かっている人が成功しているのではないかと最近思うことが多々ありました。

そんななか尾瀬さんのネイタル表や個人的なアドバイス、そしてスクール体験に行かせていただくなかで、「自分らしさは何なのか」「私は生命保険の営業を通して何を得たいのか、そして、お客様とどう関わっていきたいのか」と長年明確な言葉に表せないものがようやく形になりそうな段階にきております。

自分の長所を受け入れ、その「長所」で自分の人生で生きれたとき、仕事でもプライベートでも自分の欲しいもの、御社が定義する「幸せ」も手に入れられるのではないかとその可能性に今ゾクゾクしています!

「その一件が預かれたかもしれない ではなく、本来預かるべき別の一件を逃がしている」
という言葉が私のやるべき仕事に集中させてくれています。ありがとうございます。

同じ生命保険の営業だけではなく、仕事で成果を出したい方に自信を持って尾瀬さんを推薦させていただきます。

「その一件が預かれたかもしれない ではなく、本来預かるべき別の一件を逃がしている」

大切。

うまくいくときは、ネイタルで生きている。
うまくいかないときは、ネイタル以外をしている。

契約を預かれないのは、ネイタル以外をしているからです。ネイタルで生きることで、本来預かるべき大きな一件に行きましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました