本当は、居心地が良い人と一緒にいたい。

日常とネイタル
Marvin Gaye ”I Wont You”

昨日、紹介マーケティング組織のBNIについて

メンバー数が多い方が良い。でも、入るのは大変で、続けるのも大変。

信頼関係が大切だけれども、全員に好かれようとしない。

と記しました。

人数を増やしたい! でも、入るのタイヘン、続けるのタイヘン、出るのカンタン。
紹介マーケティングでは、関係する人数が多い方が紹介が出やすいと言われています。私が所属しているBNIも各グループがメンバーを増やすための施策を打って、お互いのビ

一見矛盾するようですが、「質」を大切にするためです。
信頼関係が無いと自分の大切な人脈に対して紹介は出せません。

また、BNIは夢を応援する仲間なので、お互いの問題解決やビジネス拡大のパートナーです。買いたい人を連れてくるだけではありません。
「感情で結びつく」ほど相手をよく知り、信頼関係を築き、質の高い紹介を出し合いながらビジネスを拡大しましょう。ということです。

もし、入口だけあって出口がない部屋で一生過ごすとしたら、あなたは誰を部屋に入れますか。

という問いかけは「人数を増やすことは大切だけれども、自分たちのグループにふさわしい人たちだけで固めたいので、ふさわしくない人は入って欲しくないし、いても欲しくない」ということです。(若干、感情的な感はありますが、創始者がFなのでその辺は大目に見て下さい)
そして、それがグループの質(成果)に大きく影響します。

さて。
もうお気づきかもしれませんが、人間関係も全く同じです。
本当は「一緒にいて居心地が良い人と過ごしたい。嫌な人は友達にしたくないし、縁を切りたい」のではないでしょうか。

しかし、なかなかそうも行かず、「と~もだっち100人! でっきるっかな~」のように、友達は多い方が良いと思い込まされているし、縁を切るのは冷たと思い込まされていたりして、自分の部屋なのに居心地が悪い人が数人いたりするわけです。(そして深刻なのは、嫌な人の数は少ないのに、影響力はバカでかいのです)

もし、入口だけあって出口がない部屋で一生過ごすとしたら、あなたは誰を部屋に入れますか。

だれでもかれでも友達になることは効果的ではありません。友達を一生懸命続けるのも効果的ではありません。嫌いな人と付き合うことのストレスは、計り知れないほど大きいからです。

人生の「質」を高めましょう。あなたは、だれと一緒に過ごしたいですか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました