カウンセラー、コーチ、占い師との違い

8. カウンセリング手法

ネイタル心理学を基にしたメンタリングは人間関係を良くします。
ここでは、カウンセラーやコーチ、コンサルタント、占い師との違いを明確にし、ネイタルメンターの優位性と最も際立つUSPをお伝えします。
あなたが持っている技術にプラスすれば、クライアントとの関係が良くなり、ビジネスを発展させることができます。

カウンセラー・ヒーラーとの違い

ネイタルメンターと一般的な心理カウンセラーは役割、アプローチが異なります。
「自分の価値観で判断しない」「回答は本人(クライアント)の中にある」ことは一致していますが、ネイタルメンターの「本人(クライアント)の中」とはネイタルを意味します。
クライアントの顕在意識や発言に真実があるとは限りません。

また、関わり方もカウンセラーより能動的なアプローチ(ネイタルを声かけする)をして、クライアントの潜在意識が自信で溢れている状態にします。

ここちゃん
ここちゃん

どんな内容でも、回答はネイタルにあるんですね。

おぜさん
おぜさん

そうなんだ。だからクライアントが迷走しなくて済むんだよ。

ここちゃん
ここちゃん

自分のことって、なかなか分からないですものね。

コーチとの違い

コーチは四輪馬車です。リンク先にもありますが、学業やスポーツの指導者の意味合いが強いです。学業でもスポーツでもゴール(合格とか勝利とか)があります。コーチとクライアントは共通のゴール(目標)を持ち、コーチがそこにたどり着くためにサポートします。
ネイタルメンターはゴールがネイタルにあります。メンタリングの初期の段階では、クライアントはゴールに気付いていないかもしれません。
(コーチのゴールは見えている世界、ネイタルメンターのゴールは見えていない世界です)

コンサルタントとの違い

コンサルタントはやり方を持っています。ネイタル心理学を用いたコンサルティングは長所開発コンサルタントが担います。長所開発コンサルタントは、クライアントをゴール(ネイタルに沿ったゴール)に導くために、ネイタルに合わせたやり方を提供し、最善最速での目標達成を可能にします。

 ネイタルメンターとコーチ、コンサルタントは役割・守備範囲が異なります。特にやり方を持っているDOコーチ、コンサルタントの方がネイタル心理学を修得することで、クライアントの成果・達成がより確実に早くなりまります。

占い師との違い

占い師との違いは、未来予測・吉凶判断をしないことです。未来予測・吉凶判断は、その人(クライアント)の意志や行動が反映されません。占い結果に自分の未来をゆだねてしまうことになります。
自分の未来は自分で創れます。理想・願望実現のために、ネイタルメンターはクライアントの快適・充実・平穏を保ったまま、潜在意識を自信で溢れている状態にします。

アナタのミライは~

コメント

タイトルとURLをコピーしました