うまくいくも、いかないも、人間関係が要因にある

2. 潜在意識とネイタル

ネイタルスクールでは毎回半年後や一年後に手に入れたい理想や願望を書いてから始めます。毎回書くことで明確になりますし、心理学スクールでの学びの入り方が違います。

理想や願望を手に入れるために必要なものは何でしょうか。また、何が理想や願望を手に入れるために障害になっているのでしょうか。この答えはものすごくシンプルです。

人間関係

理想や願望を手に入れるための必要なものも、障害も人間関係です。より高いレベルのものを手に入れるためには他人を使うしかありません。いわゆる人脈です。コレは分かりやすいと思います。しかし、障害になっているのもほとんど全ての場合で人間関係です。

「やろうと思っているけど、踏み出せない」
「一生懸命やってるけど、思ったほど進まない」

そんなことを経験したこともあるのではないでしょうか。
そのたびに、

「私の××が悪いからうまくいかないんだ。変わらなきゃ」とか
「もっと△△しなくちゃいけない」

とか思うのです。
確かに、他人を変えることはできないのでうまくいかない要因を自分に求めることは理に適っています。
しかし、多くの方と面談を重ねる中で、疑問がわいてきました。

本当に、××をやめられるのか
本当に、△△をするのか

ほとんどの場合、答えはNOです。
もっと根本的なことを抑える必要があるのです。

その根本的なこととは、人間関係です。もっと分かりやすく言うと「他人の目」です。
私たちはいつも二つの他人の目にさらされています。

××してはいけません。という目と、△△しなさい。という目です。

その結果「○○したらどう思われるだろう」という恐れと、「△△しなきゃ」という思い込みを生みだし、理想や願望を手に入れるための大きな障害になっているのです。

しかし理想や願望を手に入れるために必要なのも人間関係で、障害も人間関係だと分かったら、やることは一つです。
人間関係はほとんどの場面でマンツーマンです。マンツーマンスキルを向上することで理想や願望を手に入れるために必要なものも、障害を排除(「乗り越える」ではない)することもできます。

マンツーマンスキルを手に入れましょう。

ネイタル心理学は相手の心をつかむ技術を提供しています。いくつかの心理学的なアプローチを知ることと、技術習得のための体感練習で手に入ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました