子供たちにも心地よい、ネイタル空間

心理学スクール
赤い洋服の二人がお兄さんとお姉さん

お正月三元日、どのようにして過ごしましたか? 私は二日に、ネイタルフレンドが企画してくれた新年会に参加しました。
お母さん(おばあちゃん)、子供三人と三代にわたって参加して下さった方もいて、とても楽しい時間を過ごしました。嬉しいですね。
ネイタルスクールのイベントにお子さまが来ることがあるのですが、ネイタルの空間は居心地が良いようで、また来たくなるそうです。どうやら

  • 強制されないこと、
  • 大人と同じように接すること、

この二つが理由のようです。

昨日来た3人のお子さまも楽しんでくれたようで、今日もまた来てホワイトボードに絵を描いてくれました。

私の夢はネイタルの学習塾をつくることです。

学年がごちゃ混ぜで、お兄さんお姉さんが低学年の面倒を見たりしながら、お互いの良いところをどんどん認めて、伸ばしていく空間です。

お友達の家に遊びに行った時にお友達のママから

「○○ちゃんは、どうしてそんなにお友達の良いところをたくさん言えるの?」

と質問されて、
「だって、わたし、ネイタルスクールに通っているもん♪」
と得意げに答える子が増えるのが夢です。

今は未だお子さまに接する機会が少ないので遠い夢でしかありませんが、自分やクラスメイトの良いところをどんどん言って、励ましたり力になったりするネイタルキッズが増えるような学習塾を、死ぬまでにつくりたいと思っています。

速読の萩原康一郎先生の力をお借りして、ネイタルキッズ速読スクールを月2回開催することになりました。
小学校4年生以上が対象になりますが、我が子の才能を信じているお父さま、お母さま、お待ちしております。(詳細は別途ご案内いたします)

コメント

タイトルとURLをコピーしました